前突

前歯が飛び出して、出っ歯といわれる歯並びです。

前突について、症例を3つ紹介します。
どれも実際にあった症例です。歯を抜かずに完治しました。

【症例1】

上顎の前歯だけの前突

前歯が出ています。このケースは『上顎の前歯だけの前突』です。

   

前歯の前に付与したワイヤーで前歯を後ろに押します。
早期での治療方法は簡単です。

 

でも、出っ歯になった原因を考えましょう。
悪習慣はやめましょう。とんでもない歯並びを作ります。
前歯が押し出される一番の原因は舌の姿勢が悪いからです。

「舌なめ」の悪習慣が原因です。 「舌を咬む」悪習慣が原因です。
「舌を押し出している」悪習慣が原因です。 「指しゃぶり」の悪習慣が原因です。

【症例2】

「唇を咬む」悪習慣から生じた例

   

治療方法としては狭い顎を拡げます。
前歯の前のワイヤーで歯並びを修正します。
このケースは犬歯が生えていないので、1つの装置で終了しました。

   

下唇を咬む癖だけで「出っ歯」になりました。悪習慣は恐いですヨ!!!
治療前の下唇は赤く、腫れていました。しかし治療後、正常になりました。

【症例3】

下顎が後退し、前歯が出ている例

   

下顎の咬み合わせを前方に修正し(この治療方法は下顎の後退を参考にして下さい)
そして、前歯をワイヤーで正しい位置に修正しました。
前歯で咬む咀嚼訓練も必要です。チューブの咬む訓練をしました。

   

 → 

治療前と後の口の変化です。
当然、顔にも良い結果がみられます。