交叉咬合

通常は上の歯が下の歯を被っています。
この状態が逆になり、上下の前歯、奥歯の何本かが交叉している
咬み合わせを言います。
通常は上の歯が下の歯を破ってます。
1~2本の歯が交叉しているかみ合わせを言います。

交叉咬合について、症例を3つ紹介します。
どれも実際にあった症例です。歯を抜かずに完治しました。

【症例1】

奥歯が咬んでいないで、横を向いている例

奥歯が咬んでいないで、横を向いています。

  

奥歯が咬み合っていません。
早期の治療ならば、横から押してあげるだけで治ります。
奥歯の生えるスペースがないと、奥歯を後方に移動しなくては治りません

【症例2】

前歯2本が内側に生えてしまった例

前歯2本が内側に生えています。

   

装置で2本の前歯をスクリューで前歯を押します。
1本の歯も2本の歯を前に移動することは同じです。

【症例3】

3前歯1本が内側に生えてしまった例

前歯1本が内側に生えています。

初期の治療で簡単に治ります。
装置のネジをまくと前歯をスクリューで前歯を押します。

   

横の歯〔2番目〕の歯が生える前に治しましょう。