反対咬合

通常は上の歯が下の歯を破っています。
この状態が逆になり、上下の前歯が反対になっている噛み合わせを言います。

咬み合わせが逆だと顎が出てしまいます。

反対咬合について、症例を3つ紹介します。
どれも実際にあった症例です。歯を抜かずに完治しました。

【症例1】

上下の前歯の噛み合わせが反対になっている例

   

歯が反対になっています。奥歯はしっかりと咬んでいます。
このまま様子を見ていても悪くなるだけです。
装置で前歯を押します。

    1. 前歯が反対になっているので、奥歯ですりつぶすことができません。
      咬む機能が低下します。その結果、上顎が未発達になります。
      横顔が凹状になり、上唇が薄く、下唇が厚くなります。
    2. 前歯2本が後ろに生えているので次の歯が生えるスペースがありません。
      叢生になります。
    3. 上顎の前歯が減ってしまい、形も変わります。