上顎の叢生

歯が並べないのは歯が大きいのではなく顎が小さいからです。
治療は早期に開始するべきです。
顎が小さくて歯が並びきれない歯並びです。

歯の生えるスペースがなく、並びきれていません。

上顎の叢生について、症例を5つ紹介します。
どれも実際にあった症例です。歯を抜かずに完治しました。

【症例1】

側切歯が内側に生えてしまった例

   

側切歯と呼ばれる2番目の歯が内側に生えています。
一見大変そうですが、乳犬歯と乳犬歯の間に左右の側切歯が入る
スペースがあります。
左右の側切歯の前方移動のみの治療です。

    

装置の内に左右の側切歯の歯を後ろから押すネジがあります。
ネジを回して歯を後ろから押します。それだけです。
このケースは歯の移動の治療期間は4ヶ月です。とても簡単な治療です。
永久歯の犬歯が生えてきてからでは遅すぎます。
犬歯は位置のズレた側切歯に合わせ生えてきて、症例4症例5のような
八重歯になります。
そうなると、犬歯をずらさなければなりません。
また、症例3のように犬歯が側切歯をさらに内側に移動させてるケースもあります。
治療の開始が遅れると、装置を数多く使用することになります。
治療時間、治療費がその分だけ多くかかります。

【症例2】